梅田公認会計士のダイアリー

会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。現在、起業支援の拠点としてコワーキングスペースの運営にも力を入れています。

電子帳簿保存法に対応して青色申告特別控除を満額受けよう。

9月も半分経過して年末が見えてきましたが、電子帳簿保存法への備えはできていますか?

 

電子帳簿保存法へ対応しないでおくと、青色申告の税務上のメリットを十分に享受できない恐れがあります。

 

令和2年分の申告から青色申告65万円控除の要件が下記のように変わります。

f:id:inakaboy:20200916172127p:plain

複式簿記で記帳

貸借対照表損益計算書を添付

③期限内申告

+

e-Taxによる電子申告 又は 電子帳簿保存

 

もし、e-Taxによる電子申告を行わない、もしくは、電子帳簿保存を行わない場合、今までと同じように申告してしまうと、青色申告控除額が65万円から55万円に減額されてしまいます。

 

65万円控除を受けるためのフローチャート

f:id:inakaboy:20200916172611p:plain

 

税理士関与の場合、電子申告は当たり前なので65万円控除は受けられますが、ご自身で申告する場合、e-Taxを利用するか電子帳簿保存法に対応する必要があります。

 

電子帳簿保存をする(帳簿を紙で保存するのではなく、電子で保存する)場合、事前に税務署に届け出る必要があるため、ご注意ください。

 

電子帳簿保存の承認申請は帳簿の備え付けを開始する3ヶ月前までなので、9月末が今期から電子帳簿保存する期限となります。

 

気を付けること

・65万円控除を受けるためには①電子申告するか、②電子帳簿保存法に対応するか、

・②電子帳簿保存法に対応するのであれば、今月末までが期限

 

社会が急速にデジタル化していきますが、必要なときに必要なことを少しずつ対応し、変化していきましょう。

 

図引用元 

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf

 

電子帳簿保存や業務のペーパレス化、自動化のご相談承まります

起業・経営改善に強い梅田公認会計士事務所

 

私が得意とするクラウド会計ソフトFX4クラウド

FX4クラウド福井

LAMPもコロナ対策。

運営しているコワーキングスペースLAMPもコロナ対策してます。

 

ドロップインの利用は完全予約制に切り替えて運営を再開しました。

https://lamp-takefu.com/

ご予約はこちら

コワーキングスペースLAMP コワーキングスペース|インスタベース

 

本日はオーダーしていたパーテーションが届いたので組み立てました。

f:id:inakaboy:20200905225055j:image

 パーテーションで個室風になりました。

f:id:inakaboy:20200905225048j:image

 

f:id:inakaboy:20200905225052j:image

 

パーテーションで区切られることで、コロナ対策はもとより、より集中して仕事ができる環境ができたかと思います。 椅子もオフィスチェアを入れました。長時間の仕事でも疲れにくくて良いです。

 

少しずつ改善しながらですが、環境を整えていきます。

 

※使用した写真はスタッフの松本さんが撮影してくれました。ありがとうございます。

松本さんが日々更新してくれているYouTubeもチャンネル登録よろしくお願いします!

www.youtube.com

梅田会計のFX4クラウドコンサルもよろしくお願いします。

fx4.cloud

FX4クラウド用マニュアル作成中。

クラウド会計ソフトと言えば、freeeやMFクラウドがありますが、弊事務所では(株)TKCが提供しているFX4クラウドというクラウド会計ソフトの導入支援に力を入れています。

 

FX4クラウド用マニュアルページ

fx4.cloud

 

他の会計ソフトどこが違うのか?というと、

 

インプット:仕訳連携

アウトプット:MR設計ツール

 

が大きな違いだと思います。

TKCの会計ソフト「FX4クラウド」 | TKCグループ

 

仕訳連携機能を使えば、他のシステムから出力されたデータをそのまま取込んで仕訳を作成できるため、より多くの情報を会計ソフトに取り込むことができます(※膨大なデータ量を人の手で入力するには時間の関係で無理)。

 

さらに、膨大なデータをMR設計ツールを使って経営レポートして、いつでも取り出すことができるため、データ加工に関する時間が大幅に短縮することができます。

 

データは細かくインプットでき、アウトプットはいつでもどこででも自由な形で出力できる。

 

使ってみないと便利さが分からない点も多いですが、マニュアルを作り便利さを伝えていきたいなと思います。

 

と、宣伝はここまで。

 

本日で8月も終わりますね。プライベートでは第三子が生まれました。

上の子たちが自分たちで遊んでいてくれて、手がかからなくなってきた分、とても楽に子育てがてきています。ありがたいですね。

 

一人目のときは沐浴も赤ちゃんが壊れないか心配で、恐る恐るしていたのですが、第三子にもなると簡単なものです。おむつ替えもしかり。何事も慣れが大切。

 

家族が増えて家が賑やかになってきたので、コロナが終わったら家族で色んなところへ行きたいですね。今は辛抱ですが、楽しみです。

早くの終息を祈ります。

惜しい。

三浦春馬さんが亡くなったということで、

今日はどんよりと暗い気分です。

三浦春馬さんのご冥福お祈りします。

 

有名人がなくなるというのは、

どんなに自分の生活から離れていても、

何かしら影響を受けます。

 

今日は子供たちと夕飯終わりにスイカを食べました。とても甘くておいしいスイカでした。このスイカも死んでしまっては食べられないと思うと、つらい。

 

生きていれば、楽しいことも多くあっただろうにと、思いを馳せてしまいます。

 

死んだら終わり。

命大切に。

コロナの影響によりITツールの導入が進んでいる。

今月もあと少しですね。

 

今月はコロナの影響で色々と慌ただしかったですが、

最近はコロナの影響も収まってきて、少し安心して来ています。

 

福井県民向けに県内の観光を応援する、ふくいde泊まってキャンペーンも始まりました。キャンペーン開始初日で、想定利用2万人のうち半数にあたる1万人弱が申し込みを行ったようです。すぐに予算消化されてしまいそうですね。ご検討の方はお早めにお申し込みください。

www.fukui-de-otomari.jp

 

福井県民は宿泊半額、予約初日で半数 「コロナで自粛のご褒美」 | 経済,政治・行政 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

 

仕事の方は、コロナの影響で対面でやり取りができない分、うまく行かなかったことがある反面、逆にZOOMを使った打ち合わせの機会が増えて、さらに優先順位のつけ方や時間の使い方が大切になってきたなという印象を受けました。

 

これまでITを積極的に活用してこなかった事業主の方も、コロナの期間を次の活動再開のための準備期間ととらえて、Zoomを使ってみたり、ドロップボックスを使ってみたりと色々とITツールを使うようになってきているように思います。

 

弊事務所もクラウド会計ソフトの導入・運用コンサルティングサービスに力を入れていますので、FX4クラウドを使ってみたいなや、使っているけどもっと使えるようになりたいなと思いましたら、お問合せください。

FX4クラウド福井

 

コロナの収束に期待しつつも、

万が一のときでも事業継続できるよう

日々備えていきましょう。

試行錯誤と臨機応変。

試行錯誤と臨機応変は違うという言葉が違うということを昨日読んでいた本で見かけました。

 

試行錯誤(しこうさくご)とは - コトバンク

課題場面におかれた生体が,既知の解決法のないときに,手当り次第の反応を次々に試みていくことによって,最後には課題を解決するにいたるような行動様式

 

臨機応変(りんきおうへん)の意味・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

状況に応じた行動をとること。場合によって、その対応を変えること。▽「臨機」は事態にのぞむこと。「応変」は変化に応じる意。 

 

試行錯誤と臨機応変という言葉にあまり意識して使っていませんでしたが、試行錯誤はゴールが見つかっていない状況で手段を色々と変えるもので、臨機応変はゴールが定まってゴールに到達するための手段をその場その場で変えるというという違いがあるようです。

 

試行錯誤と臨機応変、どちらが優れているかという話ではありませんが、

小さな会社では試行錯誤(失敗前提で物事をためす)期間が長ければ長いほどお金も時間も浪費してしまいます。

 

試行錯誤の期間は比較的短く、ゴールを決めたら臨機応変に目的・目標に到達する手段を変えていきましょう。

 

大切なのはゴールと行動。

 

目標に対して進捗を測って、

いつもモチベーション高く行きましょう。

 

【予算登録をして目標への到達度合いを測りましょう】

過剰な自粛はやめよう。

雇用調整助成金は相談件数の0.1%しか支給されていないそうです。

雇用調整助成金、支給「0.1%」休業手当の盲点 TBS NEWS

 

事業主は自分の事業を守ることに必死です。

また、雇用している方の生活を守ることに必死です。

必死なのに、心ない言葉を浴びせかける人もいるのですね。

 

「自粛」

 

自粛というのは、言葉の通り、自分のふるまいを慎むことですよね。

人に「自粛」しろとか強制するためにある言葉ではないです。

 

必死に三密を回避して、どうにか売り上げを確保して従業員の生活を守ろうとしている人に対して陰口をたたく君こそ「自粛」という言葉を胸にあてて考えてみてはどうかと思います。過剰です。

 

三密を避けましょう。

強制するなら補償はセットで。

事業主に安心して休めるよう寄付しましょう。

 

冒頭の通り、雇用調整助成金は相談件数の0.1%しか支給されていないそうですよ。想像力を働かせましょう。

 

 

過剰な自粛、過剰な制度、過剰な手続き、

過剰はやめませんか。

 

今、誰もが必死になって頑張ってます。

後ろから刺すようなことはしないで応援しましょう。

 

三密を避けた活動はOK

 

そう専門家が言っていたように思います。

f:id:inakaboy:20200430000059j:plain

引用:https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000624129.pdf

 

何のための自粛か、人の命を守るためなら、

その強い言葉で傷つき思い悩んでいる事業者がいることに

想像を及ばせて欲しいなと思います。

知らず知らず言葉で人を殺しているかもしれませんよ。

 

悩みは人を殺します。

 

過剰自粛、

過剰な干渉

やめましょう。

 

心穏やかに。

----------------

気分がすっと軽くなる曲貼っておきます。