梅田公認会計士のダイアリー

福井県池田町出身。ライフワークは池田町ファンを増やすこと。会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。事務所ホームページ:http://umedakaikei.tkcnf.com/

【経営分析】原因は数字を分解して分析を。何度も言うので耳にタコができるかもしれませんね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:inakaboy:20160915180559j:plain

 売上がなぜ?あがったのか。

 費用がなぜ?減ったのか。

 

 その理由が知りたかったら数字を分解する癖をつけることをお勧めします。

 

 

 売上=平均販売単価×数量

 

 売上が前月よりもあがったのなら、高い価格帯のものが売れたのか、販売数量自体が増えたのか、どちらか。

 

 では、なぜ高い価格帯のものが売れるようになったのか?なぜ、販売数量自体が増えたのか?

 

 なぜ?

 

 を繰り返していくと、原因が見えてきます。

 

 

 

 原因が見えなければ打ち手がありません。

 

 なぜ?なぜ?なぜ?

 

 

 結果に一喜一憂するのではなく、原因をとことん追求し改善しましょう。

 

 

 結果は後からついてきますよ。

 それではまた。

 

-------------------------------

【良い言葉】

 最近、いいなぁと思った言葉があります。

 それというのは、

 

 『結果に決意するのではなく、原因に決意すべし』

  

 という言葉です。 

 

 今月の売上目標は100万円といったところで、さぁ、どうします?

 

 

 結局、売上の原因は単価×数量なので、どちらかを伸ばすか、どちらともを伸ばすしかありません。

 

 単価を上げる工夫をしていますか?

 数量を上げる工夫をしていますか?

 単価も数量も上げられるようブランド化していますか?

 

 自分に問いかけてみてください。

 

 今やるべきことは『結果に決意することではなく、原因に決意すること』です。

 

 自分がうまくいかない原因、うまくいった原因は何なのかなぁ?と自省する時間を確保して一歩一歩改善していきましょう。

 

 そのお役に立てれば幸いです。

 

越前市府中の梅田公認会計士・税理士事務所