梅田公認会計士のダイアリー

福井県池田町出身。ライフワークは池田町ファンを増やすこと。会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。事務所ホームページ:http://umedakaikei.tkcnf.com/

「ペテロの葬列」を途中まで読んで挫折した感想


福井県 ブログランキングへ
↑福井県でこのブログは何位か確かめてみよう↑

ペテロの葬列

内容紹介

 『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ、待望の第3弾!
今多コンツェルン会長室直属のグループ広報室に勤める杉村三郎が主人公の現代ミステリー!
 杉村はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。警察の突入そして突然の拳銃の暴発で犯人は死亡、
人質は全員無事に救出され、3時間ほどであっけなく事件は解決したかに見えたのだが―。
 しかし、そこからが本当の謎の始まりだった! そのバスに乗り合わせた乗客・運転手のもとに、ある日、死んでしまった犯人から慰謝料が届く。
なぜすでに死んでしまった、しかも貧しいはずの老人から大金が届いたのか?
 そしてそれを受け取った元人質たちにもさまざまな心の揺れが訪れる。警察に届けるべきなのか? それとも・・・?
事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!
 果てしない闇、そして救いの物語! 

 出典:Amazon.co.jp: ペテロの葬列: 宮部 みゆき: 本

 感想

 半分まで読んだ。残念ながら、自分には合わなかった。

 

 ・話が長く、なかなかストーリーが進まない。

 ・バスジャックに緊張感がなく、リアリティがない。

 ・話が淡々としていて先を読みたいというワクワクが起きなかった。

 ・何度も途中で寝てしまった(前の話が分からなくなった)。

 

 宮部みゆきさんの作品は「模倣犯」を読んだことがあるが、これは面白かった。この作品も上・下巻あり長い。

模倣犯〈上〉

模倣犯〈上〉

 
模倣犯〈下〉

模倣犯〈下〉

 

 ネタバレ

  ペテロの葬列 ネタバレのリンクを紹介。

 『ペテロの葬列』(宮部みゆき著、集英社刊): ミステリ通信 創刊号

 上記のリンクを読んで、当作品を途中で読むのをやめて良かったというのが個人的な感想である。内容の割に長い。

ペテロの葬列

ペテロの葬列