梅田公認会計士のダイアリー

会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。現在、起業支援の拠点としてコワーキングスペースの運営にも力を入れています。

北陸最大級ブックカフェということで早速行きました。

北陸最大級ブックカフェ福井に開店 TSUTAYAとタリーズの一体型 | 経済 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

 

福井市の新保にあるワイプラザ2階にブックカフェができてたということで、行ってきました。

 

最近できたということもあり、多くの人が訪れているため駐車場も超満員でした。

 

ワイプラザ裏の駐車場に車を停めて、生鮮食品売り場の2階に向かうとおしゃれなブックカフェがドーンとでてきます。

 

生鮮食品売場の2階にあるというのは斬新。

 

子どもを連れていったので、ざっと見て回っただけなのですが、

 

良いところ

・おしゃれ〇

・ひとの賑わい〇

・子ども用のスペースがある〇

・一階で夕飯の食材を買える〇

 

よくなかったところ

・今、ここで買いたいと思った本がない×

 

ネットだと様々な書籍を買えたり、関心のあるものについて関連書籍をサジェストしてくれたり、買った人のレビューが読めるので、買いたいという好奇心が刺激されて買うというところまで行くのですが、リアル書店だとなかなかそこまで行かない。そもそも今、ここで買う必要がない。今、ここで買う必要、ここで買いたいと思うきっかけがあるといいな。

 

普通の本屋さんと同じように本を置いてましたが、蔵書の検索機も置いてあることだし、陳列ももっと自由に楽しくしたらいいんじゃないかなと思った次第です。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

梅田会計も本格的に営業活動が始まっています。

 

昨年は動画やブログで情報発信をしてくれるスタッフが一人加わり、また新しい空気が事務所に入りました。当初はなかなか慣れないところもあったと思いますが、今では頼もしくも感じるときもあります。

 

スタッフの成長とともに梅田会計が前に進んでいることが嬉しいですね。

新しいスタッフ、新鮮な雰囲気、自然といつも自分の背中を押してくれます。

 

今年も梅田会計は起業や経営改善を応援するというスタンスは開業当初より変わりません。

 

自分の周りに新しくことを起こす人がポコポコと集まる環境をつくり、新しいこと、まだ見たことのないこと、わくわくすること、一番傍で関わりながら貢献しながら楽しんで仕事をしていきたいなと思っています。

 

梅田公認会計士・税理士事務所

https://umedakaikei.tkcnf.com/

株式会社LAMP

https://lamp-takefu.com/

 

本年も引き続きよろしくお願いいたします。

今年も一名スタッフを採用できたらと思っています。

一緒に仕事を楽しみましょう!

 

それでは。

12/20(金)-大切な家族のために、今できることを-終活セミナー

今日は行政書士の三田村さんに終活セミナーのチラシをいただきました。

これまで三田村さんとは弊事務所や弊事務所のとなりの秋吉でセミナーの打ち合わせをしてきましたが、12月に一度セミナーを開催していただけることが決まりました。

相続で困っている人が増えている一方、相続は専門性が高いため、専門家が何をすれば良いのか伝えることがより大切になっているように思います。

相続が起きる前に何ができるのか、終活セミナーに参加して正しい知識を得ましょう。

ぜひ、ご参加くださいませ。

f:id:inakaboy:20191205233334j:image

 

セミナーの開催場所はLAMPです!

lamp-takefu.com

https://www.facebook.com/lamp.takefu/

FX4クラウドにしよう。

今日はFX4クラウドを使った決算申告研修会に参加。FX4クラウドの2019年11月版のレベルアップについても詳しく聞けたので満足でした。

 

FX4クラウドは年商5億円~50億円を対象とした中堅企業向けというので売り出しが始まったそうですが、今ではそんなことないそうです。年商1億円未満の会社でも部門別やセグメント別にきっちり管理したい会社への導入が進んでいるとのこと。

f:id:inakaboy:20191204204756j:image

 

あとFX4クラウドを導入するニーズは経営の見える化にあるんんだなと資料を見て思いました。 

f:id:inakaboy:20191204204800j:image

 部門別管理をさらに細かくサービス毎に階層化できたり、階層化したサービスを他の部門につけ変えることや、不採算部門だけ合計した部門を作り切り離せたりと、かなり自由度が高くシミュレーションが行えます。MR設計ツールも使いこなせばエクセル上で業績管理ができるので楽です。

 

さらに、今回のFX4クラウドのレベルアップで、エクセルでのデータ連携ができるようになりました。仕訳の登録もエクセルでできます。

f:id:inakaboy:20191204204904j:image

 今まではエクセルの管理資料を取り込めるフォーマットに合うように若干の加工や調整が必要でなかなか難しかったのですが、今回はエクセルのまま取り込めるとのこと。

 

うちの事務所もクレジットカード決済やPayPay決済が少し出てきて、データ連携使いたいと思っていたこと、経費精算の仕訳計上は各担当者でやってもらえそうなことなどなど思うところがあったので、これを機にうちの事務所もFX4クラウドにしようと思います。

無礼は生産性を下げる。

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

 

 

80%の人が、無礼な態度を気に病んでしまい、そのせいで仕事に使うべき時間を奪われている。

 

78%の人が組織への忠誠心が低下したと答えている。  

 

このように無礼によって生産性が低下しているそう。

わが身を振り返ってもこれまで人に無礼な態度をしてしまったなぁと思うところがあり、礼儀正しくあることでその人の生産性を害さないのであれば気をつけなければと思いました。

 

さて、この本のなかに、ひとに無礼なことをされてもぶれない自分をつくるための方法がいくつか書かれていました。

 

第一に、『目標との進捗を測る』ことの大切さを書いています。

 

ぶれない自分をつくるためには、過去にとらわれることなく未来に目を向ける。一歩一歩、自分が設定した目標に近づいているのであれば、外野に何を言われようとも気にしなくて良い。

 

未来に目を向け、目標を立て、進捗を測りましょう。

 

相手の無礼な態度で感情を動かされず、起こったことを起こったままに捉えて人生を浪費しない、無礼をして相手の人生を浪費させてしまわない。

 

礼儀正しさに気をつけていきたいですね。

 

〇〇力が遊びながら身につくカプラ。

本日は武生ロータリークラブ主催のカプラ講習会でした。

f:id:inakaboy:20191130210902j:image

日本で2名しかいないという公認インストラクターの先生を迎えての開催。

 

多くの家族が参加しました。

f:id:inakaboy:20191130210838j:image
f:id:inakaboy:20191130210846j:image

 

カプラでかまくらを作るということで小学生が下の土台を、武生ロータリークラブのメンバーが上の屋根を積み上げました。

 

f:id:inakaboy:20191130210859j:image

 

とても大きい・・・。


f:id:inakaboy:20191130210832j:image

カプラでこんなに大きなものが作れると思っていなかったので、できあがったときは自然と笑えてしまいました。

 

ただの小さな木の板ですが、組み上がりの『想像力』、組み上げる『忍耐力』、さらに人に協力してもらう『巻き込み力』があれば小さな木の板を組み上げて巨大な建造物を作ることができます。

 

想像力、忍耐力、巻き込み力

 

カプラを遊ぶことを通じて身につくのではないでしょうか。

 

武生ロータリークラブより多くのカプラが寄付されましたので、てんぐちゃん広場へ行ってぜひ遊んでもらえたらなと思います。

 

大人も子どもも楽しげでした♪

 

KAPLA 魔法の板 カプラ 1000 【並行輸入品】

KAPLA 魔法の板 カプラ 1000 【並行輸入品】

 

 

ビッグミステイクにまなぶ。

最近読んだ本、ビッグミステイク。

 

ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ

ビッグミステイク レジェンド投資家の大失敗に学ぶ

 

 

誰もが知る著名な投資家の大失敗のエピソードが書かれています。ひとつ普通の人と違うところは、失敗後も投資をやめておらず、挑戦し続け、やめるどころかその損失以上のリターンを得ているとう点です。

 

失敗をしてしまうと、もう失敗したくないという気持ちからやめてしまうと思うのですが、そうではないんですよね。失敗からまなぶ、同じ轍を踏まないということです。

 

f:id:inakaboy:20191126233710j:plain

p118より

ひとは往々にして自己評価が高くなりがちです。

能力の低い人ほど、自分を「過大評価」する | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

失敗をするときは注意を怠ったときに発生するものです。

 

「自分がなぜ投資をするのか、自分が何を本当にわかっているのか」

自分は取引の相手方よりも情報を持っているのか

新聞やインターネットに載っていない何かを知っているのか

自分の判断の正しさは、どこかの段階で確認できるのか

判断が間違っていたらどうするのか

 

一度立ち止まってよく考えなきゃですね。

よく考えたら、また走り出しましょう。

また明日からも日々実践です。