読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田公認会計士のダイアリー

福井県池田町出身。ライフワークは池田町ファンを増やすこと。会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。事務所ホームページ:http://umedakaikei.tkcnf.com/

お陰様。

ダイアリー

 お陰様だなぁと思うことが多々あります。

 

 自分の預かり知らないところで助けられていたりします。

 

 人づてに聞いて、『あ~お蔭様だなぁ・・・ありがたいなぁ』と感じるものです。

 

 さて、それにしても、このお蔭様という言葉はとても良い言葉ですね。

 

 お蔭様=黒子ですね。

 私も誰かの黒子に徹します。

 

 今日も一日、良い日でした。

 

 それではまた。

 

 

【考え方】正しい行いをするということ。

ダイアリー 創業 起業

 正しい行いというのはどういうことか。

 

 以下、引用。

人生は、安楽に暮らすためにあると考えるのと、正しい行いをするためにあると考えるのと、この違いがまず第一に、人々の間にある大きな相違である。この考え方の違いは、人々の全精神を左右するものだ。正しい行いをしようと決心する人は、次ぎに、正しい行いをすることのできる道を見出して、最後に、正しい行いの習慣に到達しなければならない。この良い習慣こそはもっとも大切である。

幸福論 (第1部) (岩波文庫)

 

 正しさというのは、人それぞれ置かれてる立場によって、違う。また自分が正しいと思うことと実行することも、違う。

 

   お年寄りに席を譲るのが正しいと思ってもなかなか恥ずかしくて席を譲れないとか、ゴミが落ちていたら拾って捨てるのが正しいと思っていても、拾えないとか。朝の挨拶、帰りの挨拶。宿題をする、しない。家事を手伝う、手伝わない。などなど。

 

   正しい行いをするためには、自分の思う正しさはどういったものか考え、その考えに忠実に従って、行動し、習慣化する必要があります。

 

  さて、正しさが独りよがりのものでないかは行動した結果をみてみるしかない。

 

   トライ&エラー、

   日々、アップデート。

 

   人生は正しい行いをするためにありますよ。 

   正しさはまずはあなたの思いに忠実になることからですよ。

【考え方】過去と比較しても解決策は出てこない。

メンタル 経営改善

 去年と比較してどうだったか?

 先月と比較してどうだったか?

 昨日と比較してどうだったか?

 

 日々、過去と比較して、今の状態はどうなのか見るかもしれません。

 あるいは、他の同業の方と比較して、今の状態はどうなのかみるかもしれません。

 

 ただ、こればかりしていると、過去の延長線上でしか物事を見ることができなくなります。

 

 これからどうしたいのか、

 どういう人生を歩んでいきたいのか、

 到達したい目標はどこにあるのか。

 

 未来からの延長線上に今を置かなければ、努力の方向性やその時々の取捨選択の優先順位を付けることができません。

 

 資源は有限であり、全方位的にお金や時間を費やすことはできません。

 

 これから何にお金や時間を使うのかで、これからの人生が決まります。

 

 ありたい目標、なりたい目標、

 そのためには何をしなければならないのか逆算の思考で、

 これからを決めて懸命に生きましょう。

 

 あなたの人生を取り戻すには、

 あなた自身で人生の目標を設定する必要があります。

 

 過去と比較するのではなく、他人と比較するでもなく、

 あなた自身が設定した目標と比較して、

 自分の人生を歩んでください。

 

 

 新年度、また一年、目標に向かって前進、邁進していきましょう。

 

 それではまた。

【雑記】頑張るということ。

ダイアリー

 『君が生きているという真実だけで幸福なんです。』幸福論 椎名林檎 

 

 今、サピエンス全史という本を読んでいます。

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 この本は、この世界の中心として生きる人間の先祖であるホモ・サピエンスがどのように世界に分布して発展してきたのかという仮説が語られています。

 

 その中で農業革命の章があるのですが、実におもしろいです。

 

 農業革命は本当に良いものだったの?

 人から自由を奪っただけではないの?(人生の大半を稲や小麦に費やし、他の部族による略奪で命を落とすことも多々あり)

 

 人間ってなんなんだろうなぁと読みながら虚無感さえ感じました。

 頑張れば頑張るほど自分を苦しめているのですから。

 

 それでも、自分の時間が削られようが、命の危険にさらされようが、次につながる子どもや仲間たちのために頑張ろう。きっと将来は今よりももっと良くなるはず!なんて考えながら懸命に生きていたんじゃないでしょうか。

 

 そう思うと、昔も今も本質的に変わりませんね。

 

 頑張れば頑張るほど辛くなるなら、頑張らず肩の力抜いて楽しんで行きましょう。

 

 君が生きているだけで幸せですよ。

【考え方】お金を中心に考えてはダメだよ。

ダイアリー メンタル 創業 起業

   事業の立ち上げはお金さえあれば、たいていのことはできてしまいます。

 

   ただ、事業を軌道に乗せたり、継続発展させていくためには、情熱が必要です。

 

   情熱を持って事にあたるためには、それで食えなくてもいいという気持ちが大切になってきます。

 

   お金がないと食えていけないのに、それで食えなくてもいいとお金から一回離れる。

 

   一見、矛盾しますがそんなものです。

 

  何をすることが好きなのか。

  何をするでワクワクするのか。

 

   お金は大切だけど、もっと大切なのはあなた自身がどんなことをしたいのか。

 

   自分の人生を生きないとね!

 

   お金ではなく、生き方を中心に考えましょう。

 

  それではまた。

   

 

   

【考え方】心をすり減らさないために。

メンタル ダイアリー

   起業したら、自分の心を損なわないようマネジメントすることが事業継続のために大切ですね。

 

   経営者のモチベーションが下がると、事業は終わりに向かいます。  

 

   心屋さんの本に心をすり減らさない方法がいくつか書いてありました。そのなかのひとつをご紹介。

すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)

すりへらない心をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)

 

 おかげでを使う

 

 「のに」を続けると心がすり減り、「おかげで」を使うと前向きになるそうです。

 

   例えば、せっかく頑張ってやった仕事がのに、誰にも褒められなかった とか、せっかく選んだプレゼントを贈ったのに、喜んでもらえなかった など、のに で繋ぐと心がすり減ってしまいます。

 

   逆に、おかげでを使うと、仕事を頑張ったおかげで、夕飯が美味しかった とか、プレゼントを贈るおかけで、久しぶりのショッピングを楽しめた とか、起こった原因と結果をポジティブに繋ぐことができます。

 

  「のに」を使うとネガテイブになる。

  「おかげで」を使うとポジティブになる。

 

  この法則を知っているだけで、心もちが好転しますよ。お試しください。

 

   さ、明日も頑張っていきましょう!

 

   それではまた。

【自由】自由について。

 昨日は、定期で行われている勉強会でした。

 

 そのなかで、自由について考える時間がありました。 

 

 自由には、大雑把に分けるとカント流の考え方とヘーゲル流の考え方があるそうです。

 

 カント流とは、『自由とは拘束から解かれること』だと主張し、ヘーゲル流とは、『論理必然の道を選択し実践すること』だと主張したそうです。

 

 カント流、ヘーゲル流、どちらの考え方が好きですか?

 

 私は、人がみなと協力して何かを成し遂げるためには、ルールの枠を設け、個々人が判断し決定、実行できる『自由』が確保されていることが大切だと思っているので、ヘーゲル流が好きです。

 

 自由という言葉には憧れますが、自由ってどういう状態なのか今一度考えてみると面白いですよ。