梅田公認会計士のダイアリー

福井県池田町出身。ライフワークは池田町ファンを増やすこと。会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。事務所ホームページ:http://umedakaikei.tkcnf.com/

すべては情報戦。流れに乗ることが大切。

 ビットコインの相場が急激に下落しましたね。

 

f:id:inakaboy:20171111180247p:plain

https://bitflyer.jp/ja-jp/bitcoin-chart

 

 最近、不穏な感じだったのと、Twitterを見ているとネガティブな発言が多くあったので、昨日すべて円にかえてしまいました。それにしてもだいぶ下げましたね。

 

  一方でビットコインキャッシュの方が、伸びています。

 

 ビットコインが下がって、ビットコインキャッシュ上がる。

 お金が流れているんでしょうね。

 

 仮想通貨、おもしろいです。

 

 今回を含め、情報収集にTwitterがとても役に立つことを実感します。

 

 日々、情報をアップデートするためにも、

 その界隈の専門家のTwitterをフォローしておきましょう。

 

 それではまた。

会社のお金とプライベートのお金は必ず分けること。

 会社のお金と自分のお金、

 きちんと分けていますか?

 

 ちょっとお金足りないからと、

 会社のお金に手を付けたりしていませんか?

 

 ある老齢の先生曰く、

 会社のお金に手を付けている経営者は上手くいかないと言っています。

 真理ですね。

 

 長く続く会社は、会社のお金とプライベートのお金は必ず分けています。

 

 会社のお金をプライベートのお金を分けているから、

 長く続くと言っているのではなく、

 会社のお金とプライベートのお金を分けていない会社は

 長く続かないと言っているのです。 

 

 会社、長く続けたいなら、

 会社のお金は会社のお金として、

 プライベートのお金とは分けて管理しましょう。

 

 お金の緩みは気の緩み。

 気を引き締めてください。

 

 それでは。

ビットコインの上昇が止まらないですね。

  ビットコイン利確して、元本割れにならないよう避難しました。

 

   今後は稼げた分で少しずつ運用していこうと思います。

 

   今日もビットコインはどんどん上がっていきましたね。

f:id:inakaboy:20171101191932p:image

 

  この勢いはいつまで続くのでしょうか。

 

 ビットコインを始めたい方、

 確定申告のために利益を計算されたい方、

 ご相談承ります。

 

  時代の変化を楽しみましょう。

 

 

 

TKCソフトのAirレジとの連携。売上の記録がもっと楽になる。

 11月よりTKC会計ソフトのPOSレジとの連携ができるようになります。

 

 その第一弾として、Airレジとの連携が始まります。

www.nikkei.com

 

 今まで、一日の売上の記録を手入力で会計ソフトに登録していた作業が、

レジの締め作業をするだけで、自動的に会計ソフトに取り込まれるようになります。

 

【連携イメージ】

f:id:inakaboy:20171101094719p:plain

 

 POSレジの売上データはTKCのデータセンターで保管され、そのデータとTKCの会計ソフトが連携することになります。

 

 お客様のなかには自動化することに少し抵抗があるかもしれませんが、毎月訪問して帳簿の内容を確認しますので、安心して導入していただけると幸いです。

 

 事務作業を効率化して、新しいことにチャレンジする時間を確保しましょう。

 

 

Airレジの導入については、軽減税率対策補助金が利用できます。

まだ導入未了の方はこちらからご覧ください。申請期限間近。

軽減税率対策補助金を活用しよう | iPad対応 無料レジアプリ

 

POSレジの導入については業務改善対策補助金も利用できます。

最低賃金引上げには業務改善助成金を活用しましょう。最大200万円の助成。 - 梅田公認会計士のダイアリー

 

ビットコインの課税関係には気を付けましょう。

ビットコインの課税関係。 - 梅田公認会計士のダイアリー

最低賃金引上げには業務改善助成金を活用しましょう。最大200万円の助成。

 東京の最低賃金が10月1日より958円に引き上げられています。

東京都最低賃金を958円に引き上げます | 東京労働局

 

 福井県最低賃金は778円です。

福井県最低賃金のお知らせ | 福井県ホームページ

 

 少子高齢化労働人口が急激に減少しており、人材の獲得コストの増加に加え、時間あたり人件費が今後も高騰していくことが予想されます。

 

 人件費の割合が高い業種は経営の仕組みを見直さないと事業存続が危ぶまれます。

 

 最近では就活で人気のメガバンクでも大規模な構造改革のニュースが報道されています。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が今後10年程度で過去最大となる1万人規模の人員削減を検討していることが分かった。超低金利の環境下で収益性が低下する中、金融と情報技術(IT)を融合したフィンテックで業務合理化を進め、店舗の閉鎖や軽量化などによって余剰人員削減につなげる方針。MUFGの社員数は世界で約14万7000人おり、約7%の人員カットとなる。 

MUFG:過去最大の1万人削減検討、10年程度で-関係者 - Bloomberg

みずほフィナンシャルグループ(FG)など3メガバンクが大規模な構造改革に乗り出す。デジタル技術による効率化などにより、単純合算で3.2万人分に上る業務量を減らす。日銀によるマイナス金利政策の長期化や人口減などで国内業務は構造不況の色合いが濃くなって来たため。数千人単位で新卒を大量採用し、全国各地の店舗に配置する従来のモデルも転換を迫られる。

3銀行大リストラ時代 3.2万人分業務削減へ :日本経済新聞

 

 

 中小企業も例外ではなく、今一度業務を見直し、単位時間当たりの生産性を高めなければ、生き残ることはできません。ただ、生産性向上のための設備投資をしようにもその資金を捻出するのが一番難しいですよね。

 

 そんなときに使える補助金が、こちらの業務改善助成金です。

f:id:inakaboy:20171029235100p:plain

業務改善助成金とは

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資やサービスの利用などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。 

支給対象者

事業場内最低賃金が 1,000 円未満の中小企業・小規模事業者。 

支給の要件

事業計画を策定すること

(1) 賃金引上計画
事業場内最低賃金を一定額 以上引き上げる計画。(就業規則等に規定)

(2) 業務改善計画
生産性向上のための設備投資などの計画。

(1) 引き上げ後の賃金額を支払うこと

引上げ後の賃金額が、事業場内最低賃金になることが必要です。

(2) 生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと

ただし

ア 単なる経費削減のための経費
イ 職場環境を改善するための経費
ウ 通常の事業活動に伴う経費

は除きます。

③解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと など

http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen/

 

 賃金引上げ計画と業務改善計画を策定すれば、生産性向上につながる設備投資資金の補助を受けることができます。

 

 これを機会に賃上げでの従業員のモチベーションの向上、また設備投資による生産性の向上を同時に達成しましょう。

 

 弊事務所では業務改善計画のコンサルだけではなく、TKCの会計ソフトの導入コンサル(FinTechの導入)、またペーパレス化のための業務フローの見直し等のコンサル等、弊事務所独自の業務効率の提案可能です。また、就業規則等の見直しについても提携社労士とのコンサルを実施させていただきますので、もし生産性向上やFinTech、ペーパレス化のキーワードにピンと来られた方は、お気軽にご相談ください。

 

お問合せ | 起業・経営改善に強い梅田公認会計士事務所

 

 貴社の経営状況の診断も行っております。問題の早期発見をサポートします。

早期経営改善計画策定支援のご案内 | TKCグループ

Suica(Apple pay)を使って旅費交通費の仕訳を自動化する方法。

 経理事務や旅費交通費の精算等を省力化するために、

 Apple watchを購入しました。

 

 SuicaApple pay)を使って旅費交通費の仕訳を自動化するには3つのステップがあります。

 

 ① Apple payにモバイルSuicaを登録する

 ② MoneytreeとモバイルSuicaを連携する。

 ③ MoneytreeとFX2(会計ソフト)を連携する。

 

 以上です。

 

モバイルSuicaを登録する。

Apple PayでのSuicaサービス:JR東日本

 

 まず、iPhoneApp storeSuicaをダウンロードする。 

Suica

Suica

  Suicaにクレジットカードで入金(チャージする)

 

 iPhoneApple watchとを連携する。

f:id:inakaboy:20171024110353j:image

以上。

 

② MoneytreeとモバイルSuicaを連携する。 

 

 MoneytreeとモバイルSuicaを連携する際に、My JR-EASTのIDがあると便利なので、取得する。

 

My JR-EAST:JR東日本

 

 My Jr-EASTとモバイルSuicaのIDを連携させる。

 

 iPhoneでMoneytreeを開いて電子マネーを追加するで、モバイルSuica(My JR-EAST)を追加する。

f:id:inakaboy:20171024102728p:image

 

f:id:inakaboy:20171024102735p:image

f:id:inakaboy:20171024102741p:image

以上。

③ MoneytreeとFX2(会計ソフト)を連携する。

 PCよりFX2(会計ソフト)を開いて、銀行信販データ受信を選択する。

f:id:inakaboy:20171024103903j:plain

 次の画面の上部にある受信口座設定をクリックする。

f:id:inakaboy:20171024103915j:plain

 明細の受信を受信を受信するにチェックして、

 勘定科目:仮払金 口座:モバイルSuicaと設定する。

f:id:inakaboy:20171024103910j:plain

 1件届いている銀行信販受信データを確認する。

f:id:inakaboy:20171024103918j:plain

 上記クレジットカードチャージの場合、

 仕訳は以下の通り登録する。

 仮払金 / その他流動負債(〇〇カード※カード名) 2,000円

 

以上。

 

結果どうなるか予想

 ①Suicaにクレジットカードチャージすると、

 自動仕訳:仮払金 / その他流動負債(〇〇カード)

 

 ②SuicaでJRを利用すると、

 自動仕訳:旅費交通費 / 仮払金

 

 が自動計上されます(予想)。

 

 予想というのも、悲しいですが

 福井県はまだ自動改札がありません。

 

 次に東京に行ったときに、

 使って試そうと思います。

 

 

 クレジットカードや電子マネーを使うと多くの会計処理を自動化することができます。

 経理事務の効率化のためにも、IT化を進めていきましょう。 

ネットバンキングの維持費をゼロにする方法。

 TKC会計ソフトの銀行信販受信機能を使うと、

 かなりの仕訳が自動化されて事務処理が効率化されます。

 

f:id:inakaboy:20171017212605p:plain

http://www.tkc.jp/fx/fintech

 

 ただ、インターネットバンキングに登録していなければ、

 銀行信販受信機能を使うことができません。

 

 インターネットバンキングの維持手数料(月額2千円程度)を考えて、

 

 「ちょっと今はやめておこうかな」

 

 と思われるお客様もいらっしゃいます。

 

 一度使ってしまうと、その便利さに

 とても満足いただいているのですが、

 やはり、体験してもらわなければ、

 分からないものです。

 

 さて、このネットバンキングの維持費が

 ゼロ円の銀行口座を友人から教えていただきました。

 

 住信SBIネット銀行の口座です。

 

 ネットバンキング維持費もゼロで、

 振込手数料も非常に安いです。

 法人口座の場合、条件を満たせば最大20回の振込手数料が無料。

 個人口座の場合も、最大15回の手数料が無料となるそうです。

 

【法人口座】

f:id:inakaboy:20171017213758p:plain

https://contents.netbk.co.jp/business/charge/index.html#anc_wrap

 

 他の金融機関と比較すると、とても差が大きいですね。

 

 ネット銀行ということで、

 近くにある銀行窓口で相談する利便性はありませんが、

 ネットバンキングの維持費や振込手数料の経費節約、

 また、経理事務の省力化に貢献してくれると思います。

 

 

 ということで、私も振込手数料の節約のため、口座開設しました。

 ネットでささっと登録すれば口座開設できるので、

 お試しください。

 

 

 口座開設申込|住信SBIネット銀行

 

 経理事務の省力化にご興味ございましたら、

 弊所までご相談ください。

 

 お問合せ | 起業・経営改善に強い梅田公認会計士事務所