梅田公認会計士のダイアリー

福井県池田町出身。ライフワークは池田町ファンを増やすこと。会計で会社や社会を良くしたいと情熱を燃やしています。事務所ホームページ:http://umedakaikei.tkcnf.com/

結果がでる共通点。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 『英語で一流を育てる』という本を読んだ。

 

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法

英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法

 

 

 これからの時代、英語ができるかできないかで、生きやすさが全然違う世界になるだろうと感じている。

 

 日本人の人口が減少するなかで、日本語を使う人は世界的に見れば、減っていく。ですが、世界の共通言語としての英語は、世界的に人口が増えているなか、使う人はますます増えていきます。

 

 世界の言語のハブとなる英語。世界的に英語での情報が増えていけばいくほど、その情報に触れられないことが自分の世界の広がりを限定してしまうことになりかねません。たくさんの未知に触れ、世界を楽しむために、英語は習得しておきたいものです。

 

 この本は英語教育について書いていますが、結果がでる共通点のようなものを感じました。感じた3つは、

 

 ① 目標を立てる。

 ② インプットしたら必ずアウトプットする。

 ③ 継続する。

 

 ということです。

 

 目標を立てることで、それをクリアしたことによる達成感。インプットした情報をアウトプットすることで、自分のものとする。目標→インプット→アウトプットを日々継続する。

 

 毎日の積み重ねが、後々、大きな違いを生みます。

 

 短期目標、長期目標を立て、そのための行動計画を実践・継続し、

 日々、小さな目標をクリアしていく達成感を楽しみましょう。

 

 結果でますよ。